<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ただいま入院中。 | main | ピクニック >>
退院しました!
昨日、無事に退院しました。
8日間病院で過ごしたのだけど(ばっちりGWをまたいで)元気なかったのは39度6分の熱がでた最初の1日だけで、CTやらレントゲンやらで動けなかったストレスのせいかそのあとはまぁ〜元気にうごくうごく!
点滴が3日ほどとれなかったので、あのキャスターが付いた点滴ホルダーを持って追いかけるのが異常に大変だった。
マジでコレ欲しいと思った。
引っぱりすぎると取れてしまい、地獄の苦しみの点滴針刺し直しの刑になるので(基本的に、大人と違って幼児の場合は何度も刺せないので一度刺したら刺しっぱなしなのだった!痛みは刺す時だけしか感じないんだって)それだけは避けねば…とTVの現場でカメラケーブルをさばくADさんのように後ろからサササッと付いて行って「あ、今度はそっちスか、いやあっちスか」とコードが絡まないように気を遣ってえらい疲れた。
点滴が外れてからは、小児科病棟にあるプレイルームという遊び場に入り浸りだったレン氏。
でも6階西病棟という廊下のいちばん奥の扉に鍵がかかった空間がすべての世界で、25年振りとかいう雨が一滴も降らなかったピーカンのGW期間中に一切外に出られない!というのは、どうにもせつなかった。
窓の外の光景がいっそうキラキラ輝いてみえた。
廊下の窓からちょうど自宅のマンションが見えたので、日が沈むころにはいつもそこへ行ってレンを抱っこしながら
「レンのおうちみえるね。かえりたいねぇ」と語り合った。(一方的に)

8日間を病院の中で過ごすことで、健康な時にはまったく知らなかった世界を垣間みた。
いろいろ得るものはあったような気がする。
ひとつ気が付いたのはネガティブな現実に直面した時の「○○しないと△△できない」を→「○○したら△△できる!」へ変えることが快適に病院で時を過ごすためのコツだということ。一見、あたりまえのようだけど。

たとえば「1週間しないと退院できない」→「1週間したら退院できる」
「注射が終わらないとおやつが食べられない」→「注射が終わったらおやつが食べられる」
「家に帰らないとソーセージが食べられない」→「家に帰ったらなんとソーセージが食べられる」
…たとえがなんか切実になってしまったけど、そういう風に思わないと滅入ってしまってどうも前向きになれないのだ。
ただの言い回しの違いなんだけど、ふと口にしかけて、頭の中で修正することが何度かあった。基本自分は前者の考え方が身に付いてしまってたんだなと気が付いた。
これって日常生活にも生かせるんじゃないか。

ちょうど6日に東京インタラクティブ・アド・アワード(TIAA)の受賞作品発表があって、われらがbaby rattle bab babがブロンズに輝いた。
この状況、ものすごい悲喜こもごもだけどかつてないくらい最高に地味なゴールデンウィークに一筋の光が差したような気がした。
特にわたしの中で幸せ判定基準がものすごく下がっていて幸せ高感度アンテナびんびんのポリアンナ状態(「太陽に照らされるだけでシアワセ」「点滴なしで歩けることがシアワセ」など)だったのでくらくらするほど嬉しかった。
ありがとうございます。

でも退院の喜びは格別だ。
とにかく健康がいちばん!ということを痛感したGWでした。
レン氏、よくがんばった。おつかれさん!
大好きなソーセージをたくさん食べよう。
スポンサーサイト
はぁ〜よかった!!退院おめでとう。
健康が一番!やねー!
元気だとついそのありがたさを忘れてあーだこーだ言っちゃうんよねー、でも元気に動けることに常に感謝やねー!!
とにかくお疲れさま!家でゆっくりしてね。
とん | 2010/05/08 17:09
ほんとによかったね。おっきなソーセージ、食べたかな?
大人でも点滴生活は、それはそれはわずらわしいものだったよ。わたしも24時間ずっと点滴くんと一緒に「さぁ、行くわよ!」とまるでペットのように3週間もおつきあいしたの。
れん、よくがんばったね。
ママ&パパも本当にお疲れさまでした。。。
みんな健康が1番だねぇ。。
トモコ | 2010/05/09 01:49
退院、おめでとう。
沢山心配だっただろうし、大変だっただろうけど、得る物があったなんてジュンジュンらしくて素敵な時間に変えてて泣きそうになりました。
レンくんもお疲れさまやったね。
ぽこ | 2010/05/09 10:45
とんカツ先生

ありがとでやんす。
健康ってほんと、宝!
忘れがちだけど、そのありがたみを毎日かみしめて
生きなきゃ…と思った次第です。
米は忘れずに噛みしめてるんだけどネッ!

トモちゃん

いろんなとこで(twitterとか)励ましてくれて
ありがとね!
おっきいソーセージ食べてご満悦よ〜。
トモちゃんもずっと点滴してたんだねぇ。
あの不便さったらないよね。
つらかったろうな。。。おつかれさまでした。
はやくふきさんもお家に帰れますように祈ってるよ。

ぽこちゃん

ありがと!
初日はなんだか泣けてしかたなかったけど
2.3日ですぐ慣れて、貧乏性のわたしは
「何か得なくては…」って思ったんかも(笑)。
でも自分が痛いのとかつらいのは我慢できるが
こどもがそれで泣くのはもうみたくないねぇ。
健康がいちばん。
jj | 2010/05/10 04:03
退院おめでとー。
よかったよかった!

病院の廊下から見る我が家、近くて遠い
帰れそうで帰れない我が家・・・
せつなさ120%伝わりました。
ほんとおうち帰れて、ソーセージも食べられて
よかったねー。

わたしもぎっくり腰から復活よ。
レン氏と快気祝いしたいくらいさ。
jjちゃん、ほんとおつかれー。
fantas | 2010/05/11 13:50
レンくん!
すっかり元気になって本当によかったね!
子供の元気!やすらいだ笑顔が親にとっては何よりも
一番の喜びですよね。

子供に対して、いつも思う事だけれど.....
君を守るためなら
あたしの血なんて、みんなあげるよ!って...。
それと、からだのすべての部品もね!
(イラナイって言われたら、ドウシヨウ.....(汗;)
でもね、母は命をかけて産むのですから
命をかけて愛するワケナノのです..... love.love.love....ずっと大切にしたいのです。)

素晴らしい回復ぶりのご様子の
レン兄ちゃんとと&そのご家族みんな!を
見守りながら、これからも応援したいです。

(ラッコの母:)
ラムネ | 2010/05/12 07:08
fantasさま

ありがとー!
ぎっくり腰完治も、超おめでと〜!!
失って分かる健康のありがたさ…
腕が長かったらカナダまで伸ばして
手を取り合ってこのヨロコビを祝いたいところです。
いつかレンを連れてカナダのソーセージを
食べに行きたいです。(行くならドイツ・・・?)

ラッコママ・ラムネさま

初コメントありがとうございます♪
ここにも愛にあふれた母を発見・・・(涙)!
レンやラッコちゃんが大きくなった時に
このコメント欄をみせてあげたい!
変なグレ方しそうになったら
軌道修正できるかも☆

これからもよろしくおねがししまス。

jj | 2010/05/13 22:54
COMMENT











babytoi