<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 脳波検査! | main | 本免学科試験@鮫洲(長いです) >>
baby rattle babbab 誕生!

もともとわたしは映像を作るニンゲンだったのですが
こどもが生まれたとたん、というかこどもがわたしの中に宿ったとたんに
突然、いろんな事が変わりました。
大袈裟に言えば、世界の見え方がすこし変わりました。
変わったとたんに何だか今までやったことのないことを
やりたくなりました。うずうずと。
いても立ってもいられない!というくらい切実に。
そうすると今まで見えなかったところや見ようとしていなかったところが
ズンズンと霧が晴れるようにくっきり見えて来たり。
逆に見えていたところが見えなくなっていることもあるかも?
そういうことがないよう忘れないように、自分のためにこの場所(当ブログ
なんと早5周年!)は大事にしたいなぁ。
なんて最近思うのは年のせいでしょうか。

でもまだまだ、景色のすべては見えていないのです。
ほんのわずか入り口が見えたところです。
まだ見えていないもの、見た事がないものをみたい!
そんな気持ちで作ったもの「第一弾」がこちら。


これはiPhone/iPodtouch(第二世代)で遊べる、赤ちゃんをあやすための
おもちゃです。無料版ですのでぜひお試しください。
公式サイトはコチラ。
右上の表示をjapaneseに切り替えてごらんください。

ウンポコさんをはじめ、チヒロさんTON氏、古くからのお友達KATSU
といろんな人の力で形にすることができました。わたしのつたない文章が
英語、スペイン語、フランス語に翻訳されて、どうなっちゃうんだろう?
よくワカンナイだけになんか全然違う意味になってたりして?
これ世界に発信して大丈夫か?などといたずらに不安になったりしましたが
もう大丈夫。完成しておめかししたあの子は生まれたばかりにしては
なかなかステキな子です。はばたけ世界へ!(笑)

最後になりましたが、オーストラリアのtautouちゃん。
tautouちゃんの忘れ物がきっかけでこんなものが生まれたよー!
ありがとう。また日本に帰って来た時にでもゆっくり話そうね。
スポンサーサイト
わぁ!! JJちゃん、素敵なおもちゃができたんだ!!
このおもちゃ、ほんとにほんとにすばらしいって思うよ。
そして、そして、CONCEPTに書かれたあなたの想いになぜだか涙目になってる私がいました。
当時のわたしの余裕のなさっていったら、地に足が着いてないどころでなくて、体も心も空高く宙に浮いていた気がする。駅から続く上り坂だって、ベビーカーを押してるにもかかわらず、誰にも負けない速さで飛ぶように歩いてた。
我が息子は、いつもいつでもいろんなところで、ほんとによく泣いていた。おおげさにいうならば、まるでミサイル爆弾を常に携帯している気分でいた。それにおびえながら、重たい荷物をぶらさげ、外での用事も済ませなければならない。かと言って、ベビーカーゆえに、いろんな規制がある中で動くもんだから、それはもう必死のぱっちでありました。
CONCEPTに書かれたあなたの想いに、まるごと共感できる新米ママたちは、たくさんいると思う。

”いつでもどこでも使えて、赤ちゃんとママが笑ってくれる楽しいおもちゃ。”
ほんとに、こういうのがあれば、外出時の強い味方だよ。
赤ちゃんだけでなくて、ママの気持ちも癒されるっていうのが粋だね。 今、思うと、けんとがほんとによく泣いていたのは、もちろん、個性でもあるんだろうけど、わたしの心の余裕のなさが、きっと伝わっていたせいもあるんだろうね。
だから、ママも一緒に楽しむことができたら、赤ちゃんもますますハッピーになる気がする!
飛行機での移動も、これさえあれば怖いものなしかしら?!

最後になりましたが、
わたしのとんだ忘れ物番長ぶりをクリエーターならではのするどい視線で見つめながらも、とても暖かい気持ちで見守ってくれていたこと、そして後に、JJちゃんも同じ気持ちであったことをとてもうれしく思います。ありがとう。
これからもよろしくね。

tautou | 2009/04/02 13:04
tautouちゃん

tautouちゃんのベビーカーを押す驚異的なスピード
今でもよく覚えてるよ〜!
ベビーカーを押して歩いている光景ってとかく平和的なものと思われがちだけど
時にはそうじゃない!戦ってるんだ!ってね(笑)。

いっぱいいっぱいになるよね。
だって、この世に出て来たばかりの小さな人の命の
いっさいがっさいをとつぜん
任されたような気持ちなんだものさ。
思う通りにならなくて投げ出したくなっても
自分がかつてそうしてもらったように
自分なりのやり方で大事に大事にしてく。
それしか方法は知らないもんね。

一生懸命過ぎて自分の記憶を失っちゃうくらいのママ達がいつかちょっと楽になればいいなぁと(自分も含めて)ほんとに思う。

神戸で一緒に過ごしたあの特別な時期は
かけがえのないひとときで、ずっと宝物です。
丁寧にお返事ありがとう。
こちらこそこれからもよろしくね。
jj | 2009/04/03 22:34
COMMENT











babytoi