<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 島根に来ています。フクロウその2 | main | 離乳食開始ベイビー >>
神戸に来ています。フクロウその3

今日からレンと一緒に神戸へ!
空港までウンポコさんに送ってもらって、レンとふたりだけで
飛行機に乗るのは二回目だけど、やっぱりちょっと緊張したのか
お腹が痛くなってしまった。離陸時は気圧の変化のせいかどうしても
暴れるレン氏。隣の席の上品な老夫妻が親切にしてくれて助かった。

さて、やっとのことで実家に到着。
レンはごろりと横になってゆっくりくつろぐ。
2日連続飛行機移動で疲れたよね。
ここはレンが生まれたときからいた家。覚えているかな?
そんな時、母が
「レンちゃん、音楽かけてあげるわ!」といそいそと立ち上がり
かけた曲がなぜだかJポップ。
え?何で?
ちょっと前までヨーヨー・マとか聴いていた母が、である。
私が知る限り、母はJポップなんて聴いたことはなかった。
「なんでこんなの聴いてんの?」と聞くと
「ああ、これ?最近もらったのよー。私のファンにさ。
『これ僕の好きな曲です』とかって。ははは。エグザイルですって!」

ええと。ちょっと待て。
つっこみどころ満載でどこから聞いていいのかわからなくなり
「エグザイルって・・・。」と呟くと
「2枚もらったのよ。これはエグザイルじゃなくてもう1枚の・・
 誰だっけ?あ、そうそう『フクロウ』!最近の人たちよ。」

「へえ・・・フクロウ・・・?ふーん。」
わたしは最近のJポップ事情に詳しくないので
その『フクロウ』とやらのアルバムをおとなしく聴いているところに
トンカツ先生がやってきた。

「これ『フクロウ』っていう人らの曲らしいねんけど知ってる?」
「え?これ『コブクロ』でしょ?
 あはは!何よフクロウって。あはは!フクロウ!」

フクロウの正体は『コブクロ』だった。
案外分かりやすいオチではあったが、なぜ『母のファン』と名乗る人物が
60代の母にエグザイルとコブクロを渡すのか?そもそも『ファン』って?
と謎は深まるばかりなのであった。
スポンサーサイト
フクロウがそんなに可愛いとは知らなかったよ。
よく友達の家に行くと、お母さんがフクロウグッズ集めてて
いたるところにフクロウが飾られてたりしなかった?!

ヨーヨー・マと言えば、どっかの新聞が間違えて
「ヨー・マーマー」と書いていたらしい。
(注:英語の新聞です)
きっとあの方だったら笑って許してくれそう。
友達の旦那が撮影で会ったことがあるけど
素晴らしく感じのよい人だったらしい。
(実はわたしもちょっと彼が気になります。
弦楽器を弾ける人に憧れがあるのよ)

いつも子連れで飛行機乗ってる人見ると
お母さん、大変なんだろうなあ。。。と思う思う。
まだ隣に座ったことはないけれど、
もしそういうことがあったら
優しくしたいと思います。ハイ。コホッ。
fan旦 | 2008/05/12 14:01
fan旦

いや〜ほんと、フクロウって可愛いのなんの!
動物園などで注目してみてください。

確かにフクロウとかピエロとかって日本のおばさんが作りがちな
アイテムですねー。わたしは若輩者なんで「ピエロの可愛いさ」
についてはまだまだ不可解ですけども。

子連れ母(特にひとりの場合)はもう是非とも親切にして
あげてください!親切にされたほうは一生忘れないし、そのひとの
背中に向かって「この親切なひとに幸あれ!」と心の中で
全身全霊をかけて祈るに違いないから・・・って重い?
jj | 2008/05/13 12:31
COMMENT









Trackback URL
http://billion.jugem.cc/trackback/500
TRACKBACK


babytoi