<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 甘えたいお年頃 | main | 1ヶ月検診ブギウギ >>
グンナイ・グンナイ・ベイビー涙こらえて

【最近わかったこと】

前回の日記を書いてからしばらくして、赤ん坊が寝る直前に泣いたり
ぐずったりするのはただの「甘え」だけでもない気がしてきた。
すごい眠いのに、最後の力をふりしぼって
「ああ〜ん!」とか「ウンニャー!」とか「ホギャー!」とか
言ってる感じなのだ。でも眠いから一声で力尽き、次の瞬間には
スヤスヤと眠りに落ちてたりする。(またすぐに起きるけど)
これは、もしかすると眠りに落ちるのがこわいのかも新米。
小さい頃、確かに眠る直前がこわかった気がする。
頑張っても頑張ってもまぶたが自然と閉じていき、意識が遠のいていくのが
なんだか楽しい日常とお別れするようで、もう戻れないかもと思ったりして
無性にこわかった。
ちくしょう、眠くなっちまった。お迎えがきちまった。(長渕語尾)
と思った。無意識に「死」を感じたのかもしれない。
でも眠気には勝てず寝ちゃうんだけど。
そして朝にはそんな風に感じたことなんてすっかり忘れちゃうんだけど。

赤ちゃんもこわいから抵抗してるのかな?そういえばそんな時、すごく
近くで声をかけたり体温を感じられるようにくっついていたりすると
眠ってくれる気がする。焦って眠らせよう!とすると全然ダメ。
「安心して眠りの世界においき〜またすぐ会えるさあ〜」と自作の
めちゃくちゃな歌でも音痴に歌いながらゆっくり見送るのだ。
同じようなことが内田春菊の漫画「私たちは繁殖している」にも
描いてあって、ナルホドな〜!と感心した。ちなみにこの漫画、下手な
育児書よりも役に立つし(真似できない事も多いけど)リアルで
すごく共感できます!子供作る予定なくてもオススメ。

赤ん坊と一緒にいるとこのような「すっかり忘れていたなあ」という
子供の頃の行動や感情を思い出すことがあっておもしろい。
そういえば大人でも疲れてて、もうめちゃくちゃ眠いはずなのに
寝るギリギリまでテレビ観たり、ネットしたり、YouTubeや
ニコニコ動画を延々観たりするひとがいますが(ていうかかつての
自分がそうだよ)それって赤ちゃんの頃の感情の名残ではないかちら?
安心して眠りの世界においき〜またすぐ会えるさあ〜!バブ!
スポンサーサイト
そうそう、赤ちゃんって(子供もだけど)
すんごい眠いくせに、眠気と戦ってぐずるじゃないですか。
あれがもう不思議で不思議で。。。
わたしは眠るのが大好き人間なので、
なぜあそこまで眠気に抵抗するのか、納得できません。
眠気に身をゆだねてしまえば、
赤ん坊、お母さん共に楽ちんなのにねー。

と言いつつ、もちろんオトナになった今は
眠いのに意味もなくネット検索続けたり、
ブログ読みふけってみたり、テレビを消すのさえ
面倒でだらだら眺めたり、してますしてます。
オトナはいいのさー。

安心して眠りの世界においき〜
また会えるさ〜を、いつか友達の子供の
耳元で試してみようっと♪
fantastica | 2007/12/06 13:24
fantasticaさま

ぜひ試してみてください。
ちなみにこの自作の歌、メロディは「森のくまさん」から拝借・・・
いえインスパイアされております。正確には

「安心して(安心して)・眠りの(眠りの)・世界に(世界に)
・おい〜き〜♪」

といった軽快な感じ。
2人ぐらいで交互に歌い、「おい〜き〜」でハモると盛り上がる
ような盛り上がらないような気がします。
その時、歌うパートによって交互に頭を出したり引っ込めたり
するとエンターテインメント感がグッと増すと思います。
気に入らなければお好きなメロディ&振付けでどうぞ。
レッツトライ!
jj | 2007/12/06 20:16
いや。
子供がもう少し大きくなったら
「ダメだ!眠るな!寝ちゃったらもうお母さんと会えなくなるのよ〜〜〜〜〜」でお願いします(嘘)

確かに眠ってしまうことに抵抗してたこと自分自身子供の頃あったし、知り合いの何人からも「そうだった〜〜」と聞いている。

そういうの、おもしろい〜。

おおげさにいっちゃえば、それって人にインプットされている大きな仕組みなのかも?とも思います。

---
さすがにあかちゃんのころはもっと微分されたなにかなのだとおもうけど、物心適度についてからは、時間の連続性についての感覚が(大人とちょっと違って)不安定で、寝ちゃうと「もうこの(優しいおかあさんのいる)世界をはなれなきゃいけないのかも?」とか思うんだよね。たぶん。。。

---
それにシンプルに関連して面白い?のは、「いないないばあ〜」
おかあさんが「いないいない〜〜〜」と大人にはバレバレな感じでかくれても、幼児は心配になり、姿を現すと「キャッキャ!」




hruo | 2007/12/08 21:58
hruoさま

きゃ!おもしろそう。
3歳くらいになったら「会えなくなるのよ〜〜」とやってみます。
でも眠気に負けて涙・涙で今生のお別れをし、翌朝
ふたたび(ふつうに)再会した時のこどものテンションを
想像しただけでご飯3杯!その時はできるだけドラマチックに
再会したいもんですなあ。むふふ。

「いないいないばあ」は子供(1歳前後)にとって鉄板らしいです。
100%「ばあ」のオチで笑いがとれる!しかも何回やってもイケる!
と近所のママ友が言ってました。それってやっぱり
「いないいない〜〜」の時に「あらま!いなくなっちゃった!?」と
本気で不安になってるから・・・?
こどもの想像力ってどんだけなのか??(笑)

にんげんのはじまりである「赤ちゃん」を知るってことは
人間の仕組みを知るってことでロボット工学の分野のひと達が
マジ研究してるらしいですね、赤ちゃん。
わたしも育児を兼ねた観察を続けたいとおもいます。
あらぬ角度から。
jj | 2007/12/09 01:52
>きゃ!おもしろそう。
>3歳くらいになったら「会えなくなるのよ〜〜」とやってみます。

ぜひぜひ!(笑)

私自身は、むか〜〜〜し、眠りに落ちる前、多分誰にでもある、「私はどこからきてどこにいくのか〜〜〜!!」な〜んて言う疑問をついつい寝る前考えてしまい、、以下

「寝るのと死んじゃうのおなじじゃん?かわりないじゃん?」
「死ぬのとそう違いないよなこれ」
「でもさ、今ここにいるけど、少し前までいなかったわけじゃん?」
「じゃあ死ぬ前〜じゃなかった、うまれる前はどこにいたの?」
な〜〜んてアホなことを考え、

なんだかわからないけど、探し求めて、激しく一夜の、でも壮大な旅に出たりしてました。

----

普通に考えたら、、、
たとえば犬や猫の赤ん坊は特に無防備な睡眠時間、母親に守ってもらわないとやばくて、それで眠る前に泣いて注意を集中させる。
人間もそんなDNAに支配されてるともいえるけど、

たぶんもっとなにかあるんだよな〜〜〜

hruo | 2007/12/09 21:44
hruoさま

にゃるほど〜!
そっか、無防備だから守ってもらうために寝る前に泣いてる、って
考え方もあるんですねー。ウチの中なんて寝てる間に大山猫や
ふくろうに襲われたりする事もないしだいたい安全だから
もう毎回、泣きまくって注意を喚起しなくってもエエのんよ!
だいじょぶよ!ケンチャナヨ!とやさしく諭してやりたいが
DNAに組み込まれてるんなら仕方ないすなぁ。

眠るのと死ぬのが一緒なんじゃないかというのは
みんな考えるんですねぇ。
ギリシャ神話では死の神と眠りの神は兄弟とされてるし
昔っから眠りが死の相似物であることは確かみたいデス。

「わたしたちはどっから来てどこへいくのか」ってな事は
どうも大人より赤ん坊のほうがよく知ってるような
気がしてならないので、ちょっと喋れるようになったら
「君はどこから来たの?」と聞いてみよう!と
こればっかりはかなり真剣に思ってますの。
胎内記憶とかそのもっと前のこととか。
妊娠中にそういう類いの本を何冊か読んで今ゾッコンです。
絶対インタビュー形式にしてビデオに録画します。
0歳児はなんで喋れないのかとヤキモキする毎日です。
ああ、喋ってるけどこっちが理解できないだけか。
知りたい知りたい!
jj | 2007/12/10 00:30
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK


babytoi