<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 渚ようこ@ル・テアトル銀座と湿疹 | main | おめでとう連発 >>
パビリオン山椒魚@シネセゾン

見渡すかぎり同世代では1番の出世頭・トミナガの映画完成披露試写へ。
マスコミの方達やお客さんがワンサカいて、会場に入り切らないほどの
大・大盛況。。。すごい。すごいわ。舞台挨拶でオダジョーやキクチさん、
女優陣と並ぶ彼を見て、「なんか合成みたい」と思いました。
でもその絵は合成でもなんでもなく大勢のカメラマンに囲まれている彼は
現実で、しかしながら遠くへ行ってしまったことよ。とは不思議と思わず、
なんだかおもしろかったです。トークも冴え渡り、かつての舞台挨拶の
時と同じ人間とは思えませんでした。がんばっている!!
けれど超・美人主演女優さんから花束を贈呈される、という段階に来て
会場から拍手が沸き上がり、用意されていた豪勢な花束を手渡された時
(たぶん監督冥利に尽きる瞬間のうちの1つであろう華やかなシーン)
オンマイクで「えっ・・いいんですか?こんなに!?(敬語)」
とつぶやいてしまっていた。一気に農協で働く青年に逆戻りだった。
その気持ちもわかるけれど、いいんですか?って。いいに決まっている。
監督なんだし、ね。

それにしても、オダジョー・・・!特にファンではなかったけれど
生でみると「この世のものとは思えないかっこ良さ」です。
ものすごいオーラ漲る立ち居ふるまい。あらゆる意味で、「旬のひと」と
いうのはスゴイなぁと感心。。。やーほんと。
でも、キクチさんのほうがもっと好きです。(松本引っ越しセンター)
映画の内容が書けないのでただのミーハー日記になりましたが、
中身も、最後に流れる主題歌、歌詞・歌ともにとてもイイです。
ベルトリッチmeetsサモハン・キンポー体験してみたいひとはこの初秋、
お出かけになるといいと思います。

翌日、思わず会社で「芸能人ってかっこいいねんなぁ」とつぶやくと
隣にいたK太郎に「なに当たり前のこと言ってんすか!?」といなされた。
ハッ!そうか、当たり前のことだったわ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://billion.jugem.cc/trackback/310
TRACKBACK
ジョーが、何言われてもずっと「へー」って答えてたのが最高素敵だった♪ 笑ったー
オダギリジョー オーラの泉 | 黄色い勢力 | 2006/06/07 07:17


babytoi