<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 開花までくま牧場。 | main | 夢が夢なら >>
開花まで・・・モンブラン

最近、仕事部屋が保健室と化してきていて
「おなかからおしりにかけて激痛が走る」と言って来た子(なんかそれって
大変な病気ではないのかしら)をソファで寝かしつけている間中ずっと、
会社の人に「玉川高島屋の最上階にあるイタリアンレストランの
コース最後にでてくるデザートのモンブランがいかに美味しいか」
を延々と差し向いで語られました。
「ふつうのモンブランだと思うだろ?」
「・・・え、ちがうの?」
「ぜんっぜん違うから。」なぜだか勝ち誇ったように彼は続けた。
「大きなクリームの山に包まれているんだよモンブランが。で、探す
のよ。こうやって(と、スプーンの先でつつく仕草)モンブランを。」
・・・山でモンブランを探す!?
なんだかサッパリわからないけれどもモンブランが食べたくなった。
緊急処置で「モンブランプリン」をコンビニで購入したけれど、
がむしゃらに甘くて半分しか食べられなかった。

モンブランモンブラン。春は名ばかりで雨は降るし、春クシャフワモテ
パーマをかけたばかりなのに早くもストレートだし、滅入ります。
はやく春になって、山にモンブランを探しにいきたい。モンブラーン。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://billion.jugem.cc/trackback/293
TRACKBACK


babytoi