<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< パラシュート詳細 | main | ロマンチックナイトin写美 >>
「親切なクムジャさん」

東京国際映画祭で「親切なクムジャさん」を観てきました。
固まりっぱなし、目を背けたくても背けられない120分。
これはすごい。。。やーほんとヤバイですよ。
処刑シーンでは膝に置いていた、脱いだコートを両手でガッシリ
抱えながら画面に見入ってしまいました。こんな「必死」に映画を
観たのは久しぶりです。もしかすると幼稚園の頃生まれて初めて
映画館に連れて行ってもらって母親と観た映画、
「悪魔が来たりて笛を吹く(横溝正史原作)」以来かもしれません。
しかし何で「夏休みだよドラえもん」とかじゃなかったの!?
すっかりトラウマよおかあさん!という恨みつらみはまた別の機会に
するとして(笑)「クムジャさん」。
そこで繰り広げられる極限のコミカルさとかギリギリの笑いの
演出が本当にうまくて、こわいんだけどクスクス笑ってしまう。という、
きっと自分も含めて、試写会会場にいた何百人の観客全員の表情が
笑いながら怒るひとみたいになってたんだろうなぁ。と今思えば
そっちのほうが恐怖ですが。
復讐3部作の完結編と言われるこの作品、オールドボーイなんて
目じゃないくらいに胃にドスンドスンきます。
復讐の為に13年。男女でこの映画の見方ってずいぶん違うんじゃないかな
なんて思いましたが共通の念はたぶん、
「やっぱり女ってこわい。。。」です。

きっと苦手なひともいるんだろうから安易にオススメできないけど、
そして日本で受け入れられるのかどうかも謎だけれど
そんな戦慄女優イ・ヨンエのファッションが黒い皮のコートに
ハイヒールだったり、綺麗な柄のワンピースにブーツだったりと、
血なまぐささをふと忘れさせてくれるような素敵さで、そこもたぶん
見どころです。そういうところも女の恐ろしさ、なのかも。
スポンサーサイト
余談ですがこの映画のあと行った居酒屋で偶然
黄色さん&ヒロキングさんとひさびさに再会!
丁度帰るタイミングだったので、ざんねん!またゆっくりね〜!
と手を振って別れた翌日ヒロキングさんからメールを頂きました。

「誰かが『jjって太って昔の面影ないよ』って言ってたんだけど
偶然お会いして、それが嘘だって分かって安心しました」

というような内容だったんだけど
ちょっと待て!(笑)誰だそんなこと言ったの!?
高校生の頃から体重は変わっておりません。
本文中にも書きましたが、女ってこわいのよ(笑)!

jj | 2005/10/30 17:00
ぼぼぼぼぼぼ、僕じゃないよ(涙)

( ̄□ ̄;)!!たぶん女だ
女の仕業だ
嫉妬だよ
怖いなぁ女って
八区 | 2005/11/02 10:59
やっぱり八区か!
廃校になった学校の教室でリンチのお仕置きよ〜。
jj | 2005/11/02 13:53
なに お仕置き! ずるいぞ お仕置きの独り占めは!
ヒロキング | 2005/11/03 08:43
じゃあヒロキングさんが八区にお仕置きってことで
円満解決ダネ!四角い仁鶴がまあるく解決★
jj | 2005/11/04 11:47
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK


babytoi